内臓脂肪をこじらせると脂肪肝に、その次にまっているのは!?

内臓脂肪の対策、このテーマで記事を書くようになり、内臓脂肪の怖さが身にしみています。真面目に、これ以上こじらせないようにと、つになく真剣に取り組んでいます。

もしもの話し、このままこじらせてしまって、肝臓障害、特に脂肪肝になった場合どういう状況になるのか、何が待っているのか、策の一環として知識を身に着けておきたいと思います。

肝臓障害と脂肪肝の関係

日本人にとって、肝機能障害は珍しくもない病気になってしまっています。なにせ、4人に1人が何らかの形でこの肝機能障害を持っていると言われているからです。

4人に一人となると、家族、友人、親しい同僚等々、肝機能障害になっている人が身近に複数人必ずいると言う事になります。

この肝機能障害には、アルコール性、薬剤性肝障害など、色々な原因がありますが、ここでは脂肪肝が原因の肝機能障害についてご説明します。

脂肪肝とは

生活習慣病のひとつに数えられる脂肪肝。いったいどんな症状なのでしょうか?

もともと肝臓には脂肪を蓄積する役割があります。これには、病気や事故など、不測の事態で食事がとれない場合の代替エネルギーとしての役割があります。

このエネルギーとしての肝臓の脂肪蓄積量は、臓器全体の10パーセント程度が一般的だと言われています。しかし、脂肪肝の人の場合にはその蓄積量は臓器全体の30パーセント以上にのぼると言われています。この蓄積された脂肪が過多になっている事を脂肪肝と呼んでいます。

しかし厄介な事に、脂肪肝には自覚症状はほとんどありません。なので、体調の悪化を自覚したタイミングには、もう手遅れになっている場合も少なくありません。

脂肪肝の原因とは

アルコールも要因の一つですが、やはり一番の原因は暴飲暴食です。もしくは、外食が多い、揚げ物が好きなどのカロリーの過剰摂取なども脂肪肝の原因となります。

脂肪肝の怖さ

脂肪肝って、肝臓に脂肪がたくさんたまっただけでしょ?なんて楽観的に考える人も少なくないのですが、実はとても怖い病気なのです。

脂肪肝が進行すると、次に待っているのは肝硬変や肝臓ガンです。

一昔前なら、このように進行するのはアルコール性の脂肪肝だと思われていたのですが、近年では、アルコールが原因の脂肪肝よりも、暴飲暴食が原因の脂肪肝の方が肝硬変や肝がんへの進行率が高い事が分かっています。食事が原因だから大丈夫なんて事はないのです。

脂肪肝の改善方法

これほど怖い病気の脂肪肝ですが、実は脂肪肝=即病院で治療という事ではありません。さほど深刻な状態でなければ、生活習慣の見直しを行う事で肝臓の脂肪を減少させ、脂肪肝を改善し、肝臓の機能を回復させる事が可能になります。

放置するとどうなるのか

検査などを受けずに、あるいは脂肪肝と知っていても、自覚症状がない、生活に支障がないなどの理由から、生活習慣を改めずにそのまま放置を続ければ、脂肪肝から肝炎へ、次第に肝硬変へと進行します。そして、最悪の場合肝がんにまで進行する場合があります。

あるいは、肝がんにまで進行しなかったとしても、肝硬変にまで進行した肝臓は硬く縮まります。ここまで進行すると、完治は困難になり、肝臓機能は停止するという事になります。

どうやったら脂肪肝ってわかるの?

ここまで聞くと気になるのが自分の肝臓の状態。脂肪肝はじめ、肝臓の状態を確認する方法についてご説明します。

(血液検査)

健康診断などの血液検査の結果に、ALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)などと記載されているのを見た事があると思いますが、これが肝臓の状態を表す数値です。これらは、肝細胞内に存在する酵素の数値を表しています。

これらの数値が基準値を超えた場合、脂肪肝では?となりさらなる検査が待っています。

《画像診断》

腹部超音波検査という方法で検査を行います。この方法は、健康診断や人間ドックなどで検査を行う時の方法です。

これは、脂肪肝の診断にとって非常に有効な方法です。超音波検査の画像で、肝臓が通常よりも白く映ったならば脂肪肝と診断されます。この他にも、CT検査、MRI検査での脂肪肝診断も有効な方法です。

(肝生検)

肝臓を針で刺して細胞を採取し、顕微鏡で観察するのがこの肝生検という方法です。この方法は、肝臓内の脂肪割合を直接調べる事が出来るので、脂肪肝の判断で最も確実な方法です。しかし、体への負担、検査入院の必要性などから、敬遠される検査方法でもあります。

まとめ

脂肪肝の怖さは以前から何となく知っていたのですが、こうして改めて調べてみると、やはり身につまされる思いになります。

知って、そこから何を学んで実行するのか。もう一度真面目に考えてみたいと思いました。家族の健康は私にかかっています。アンバレ、ワタシ。

皆様も是非参考になさってください。
>>内臓脂肪 減らす

青汁を飲んで内臓脂肪対策!?

青汁飲んでますか?私はまだ飲んでいません。

これから飲もうか、どうしようか?飲むなら何がいいのかな?と考えています。

そう考えるきっかけがDM。

コスメ・サプリメントなどなど、いろんな会社のWeb会員になっているので、1年中いろんなDMが届きます。その中に青汁のサンプルが入っていて、それを飲んでびっくり!(^^)!

以前から、青汁=マズイと思い→続かないと思っていたので、意識の中にさえありませんでした。しかし、サンプルの青汁を飲んでびっくり。マズイどころが、むしろ美味しい。

のどごし爽やかで青臭さもそんなに気にならない。これなら好んで飲むのではないかな?と思える物でした。

しかも、青汁って案外お安い。試す価値あるかもしれません。

早速、同封のチラシをチェック。内臓脂肪に対する効果は書かれていませんでしたが、健康効果とか、ダイエットとか書かれていました。

これはもしかすると!!!(^^)!

内臓脂肪に対しても良い効果があるのかもしれない。という事で、今日のテーマは青汁に決定です。

青汁を飲んで内臓脂肪対策!?

内臓脂肪改善のポイント

内臓脂肪の減少を目的にするのなら、生活習慣の見直しは必須なのです。生活習慣とは、食生活と運動のバランスなど。

毎日の食事を規則正しく3回摂る事、その時に栄養バランスの良い物を食べる事。そして、運動不足の解消を積極的に行う事。

内臓脂肪とは?

そもそも内臓脂肪ってどんなものなのか?人体には様々は種類の脂肪が存在しています。その中で肥満の分類としてあげられるのが内臓脂肪と皮下脂肪。

内臓脂肪は悪性・皮下脂肪は安全な脂肪のため、良性として扱われています。

ではなぜ、内臓脂肪=悪性なのでしょうか?

内臓脂肪とは、内臓に蓄積された脂肪の事。悪性と言われる理由は、ズバリ生活習慣病を引き起こすリスクがあるからなのです。

その中には、高脂血症や高血圧・心臓病などの命に係わる病気も含まれているため、その様に悪性であると定義されています。

こう聞けば、内臓脂肪のすべてが悪者の様に聞こえますが、実はそうではありません。この内臓脂肪にも立派な役割があります。

まずは、人体のエネルギーになっているという事。新陳代謝を行ったり、生活や運動などの運動エネルギーには、この内臓脂肪が必要なのです。

また、内臓を正しい位置に保つ、衝突などの外部刺激から体を守るなど、緩衝剤としての役割も持っています。しかし、その量が多すぎると、生活習慣病として人体に悪影響を及ぼします。ですので、内臓脂肪は、少なすぎず多すぎずの適度な量を保つ必要があります。

青汁の効果

(青汁とは)

殆どの青汁はノンカロリーで繊維質が豊富に含まれています。また、人間に必要な野菜の栄養成分を補う事が可能です。

食生活の改善には“バランスの良い食事”といいますが、これを実行するのはとても難しい事です。摂取する脂肪分のコントロール、ミネラルバランスや野菜の摂取量などなど、、、その理由はいくつかあります。

ここでは野菜の摂取に絞ってみたいと思います。

(野菜の摂取量と青汁の関係)

人間に必要な野菜の量は350グラムと言われています。では、この350グラムとは実際にはどの程度の量になるのでしょうか?例えばレタスなら普通サイズ1玉が約100グラムですので、3~4玉、キュウリなら4本程度で350グラムの摂取が可能になります。

しかし、野菜の種類によってその栄養分が異なります。なので、同じ物たけを沢山摂取すればよいという訳ではありません。

単色野菜・緑黄色野菜・根菜類・海藻類・キノコ類など、摂取量と含まれる栄養のバランスを考えて食事に取り入れる必要があります。

もう、この段階で栄養士さんのお仕事。普通の人にはなかなかマネできる事ではありません。しかし、多くの青汁は、この栄養をバランスよく配合している事、さらには吸収を良くする工夫すらされている事から、現代人の野菜不足にはもってこいなのです。

(青汁の効果)

青汁の栄養成分の中で、何が内臓脂肪対策に効果的なのでしょうか?

それは、食物繊維やミネラル。

食物繊維は便秘解消に役立つほか、食事で摂取した脂肪分を絡め取ってくれるため、腸が余分に吸収するのを防いでくれます。ミネラルにはデトックス効果が有りますので、体質善効果が期待できます。

(青汁のデメリット)

そんな青汁ですが、デメリットもあります。

■噛まずに摂取できる

咀嚼(よく噛む)が必要ない事は実はデメリットです。人間の体は、よく噛むことによって満腹感が得られるようにできています。野菜はその噛むということにとても役立っています。

青汁を野菜の代用品として取り入れる場合、噛まずに摂取できてしまうので、そのほかの食材を食べ過ぎてしまう心配があります。

■味が合わない

青汁の主成分は、大麦若葉・明日葉・ケールなど、メーカーによって異なります。そうなると、当然味にも違いが出てきます。

味が合わないとなると、どんなに良い物と分かっていてもなかなか継続する事が難しくなってしまいます。自分に合った味の青汁を探してみましょう。

まとめ

内臓脂肪に直接的に絶大な効果があるかといえば、そうではありません。

しかし、青汁による食生活の改善・健康効果などによる効果は捨てがたいです。我が家にも導入を検討してみたいと思いました。

皮下脂肪とは?内臓脂肪とは?それぞれの特徴を知って効果的にダイエット!!

中性脂肪対策から始まった私の脂肪対策。どんどん知識はついてきた。が、カラダへの成果は、、、う~ん、、、悪くないケド、まだまだだですな。そんな感じです。

見た目はそんなに太ってないのです、ワタシ→これ、ホント(*^_^*)なので、よくこんな会話があります。

友人:いつもスリムね(・o・)

私:いえいえ~(~_~;) じつは脂肪対策中でして・・・

友人:え、どこどこ!!

私:ここ→お腹を見せる。

友人:・・・ありゃ~(T_T)

そうなのです。私は内蔵型肥満の典型。ドクターから中性脂肪値の高さを注意され、対策に乗り出し、長い間かけてそちらの問題は解決したのですが、お腹周りのだぶつきは全然改善しません。

なので、一生懸命に対策中。でも、なかなか取れない。もう、皮下脂肪として存在しているのかもしれない。なら、きっと取るの大変だよね。

だったら、余計にしっかり知識をもって対策しなきゃ、きっと無理だよね。という事で、今日は内臓脂肪・皮下脂肪それぞれに適した対策を行うための調査です。

皮下脂肪とは?内臓脂肪とは?それぞれの特徴を知って効果的にダイエット!!

そもそも肥満とは?

肥満とは、基準値に比べて体重が重い・あるいは体内の脂肪が過剰に蓄積されている状態。

その脂肪にはいくつかの種類があります。また、男性・女性で脂肪の蓄積の傾向が異なります。ここでは、体内の脂肪を分布化・分類し、肥満を2つのタイプに分類してご紹介します。

脂肪の種類

肥満には、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の2種類が存在しています。肥満の分類方法にはくつかの方法がありますが、ここでは体内の脂肪がどこについているのかを分布化する方法で分類した各肥満タイプについて、それぞれの特徴をお伝えします。

(皮下脂肪型肥満とは)

皮膚と筋肉の間の部分に脂肪が蓄積するのがこのタイプ。皮下脂肪型肥満です。いわゆる下半身太りと言われるもので、体型的な特徴から、洋ナシ型肥満とも呼ばれています。

このタイプの肥満は、一般的には女性に多いのも特徴の一つです。

女性の場合、妊娠・出産に備えるために、元々皮下脂肪がつきやすい体になっているのです。この皮下脂肪、一度ついてしまうとなかなか落とせないというのが特徴的。下半身だけなかなか痩せないというのは、根拠のある話しだったのですね。

(内臓脂肪型肥満)

一方、内蔵型肥満ですが、お腹の中に過剰に脂肪が蓄積されるのがこのタイプ。いわゆるメタボ型。

腰まわりを中心に太くなりますので、その体型の特徴から、リンゴ型肥満とも呼ばれ、男性に多く見られるのが特徴です。

内臓付近は体の中でも血行が良く代謝が活発なために、体内で脂肪が過多の状態になると、この部分から蓄積が始まります。蓄積されるのが早い分、溜まった脂肪が分解されやすいのもこの部分です。

皮下脂肪に比べて、脂肪が落としやすいのが内臓脂肪の特徴の一つでもあります。

ただし、この内臓脂肪型肥満は、生活習慣病を招きやすいといった怖さもあり、肥満の中では悪性に分類されます。このことから、メタボリックシンドロームの診断には、内臓脂肪がどの程度蓄積されているかの判定を行います。

WHOの定める肥満度の指数(BMI)での指数では肥満に分類されない場合でも、内臓脂肪が蓄積し、肥満となる場合があります。これが俗にいう「隠れ肥満」なのです。

※※※ はい、ズバリこれ私です(-_-メ) ※※※

脂肪の減らし方

(皮下脂肪)

皮下脂肪は分解されにくいといった性質ですので、なかなか成果が表れにくいのです。まずは、基本中の基本である、食生活の見直しと適度な運動を取り入れましょう。

次にマッサージ。皮下脂肪は、皮膚のすぐ下の、直接刺激を与えやすい場所に存在しているので、マッサージなどが案外効果的なのです。エステなどで行うマッサージがこれにあたります。

運動前のマッサージ+有酸素運動+無酸素運動で効果的にダイエットをしましょう。

(内蔵脂肪の減らし方)

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落としやすいのが特徴です。こちらも、食生活の見直しと適度な運動を取り入れます。

有酸素運動には、体脂肪などをエネルギーとして燃焼させる効果がありますので、積極的に取り入れましょう。また、無酸素運動により、筋力アップを図り、基礎代謝を向上させて、さらなる燃焼の向上に努めましょう。

効果的で取り入れやすい有酸素運動には、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・室内ならはステッパー運動や踏み台昇降運動などがあります。

また、無酸素運動なら、ダンベル運動・スクワット・腹筋などがそれに該当します。ダンベルの代わりに、ペットボトルを代用するなど、それなりの重みがあるもので行えば効果は期待できます。

いずれも一朝一夕にとはいきませんが、続ける事で効果が得られます。

まとめ

何となく始めて、なんとなく効果がわからずに、気づいたら止めてた。これが私のダイエットのパターン。これは、きっとメカニズムを知らずに始めてしまった事が原因でしょう。

キチンと勉強して、知識を得てから始めれば違う結果が得られるのだと思います。「知識は力なり」byフランシス・ベーコン・・・なのですね。