皮下脂肪とは?内臓脂肪とは?それぞれの特徴を知って効果的にダイエット!!

中性脂肪対策から始まった私の脂肪対策。どんどん知識はついてきた。が、カラダへの成果は、、、う~ん、、、悪くないケド、まだまだだですな。そんな感じです。

見た目はそんなに太ってないのです、ワタシ→これ、ホント(*^_^*)なので、よくこんな会話があります。

友人:いつもスリムね(・o・)

私:いえいえ~(~_~;) じつは脂肪対策中でして・・・

友人:え、どこどこ!!

私:ここ→お腹を見せる。

友人:・・・ありゃ~(T_T)

そうなのです。私は内蔵型肥満の典型。ドクターから中性脂肪値の高さを注意され、対策に乗り出し、長い間かけてそちらの問題は解決したのですが、お腹周りのだぶつきは全然改善しません。

なので、一生懸命に対策中。でも、なかなか取れない。もう、皮下脂肪として存在しているのかもしれない。なら、きっと取るの大変だよね。

だったら、余計にしっかり知識をもって対策しなきゃ、きっと無理だよね。という事で、今日は内臓脂肪・皮下脂肪それぞれに適した対策を行うための調査です。

皮下脂肪とは?内臓脂肪とは?それぞれの特徴を知って効果的にダイエット!!

そもそも肥満とは?

肥満とは、基準値に比べて体重が重い・あるいは体内の脂肪が過剰に蓄積されている状態。

その脂肪にはいくつかの種類があります。また、男性・女性で脂肪の蓄積の傾向が異なります。ここでは、体内の脂肪を分布化・分類し、肥満を2つのタイプに分類してご紹介します。

脂肪の種類

肥満には、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の2種類が存在しています。肥満の分類方法にはくつかの方法がありますが、ここでは体内の脂肪がどこについているのかを分布化する方法で分類した各肥満タイプについて、それぞれの特徴をお伝えします。

(皮下脂肪型肥満とは)

皮膚と筋肉の間の部分に脂肪が蓄積するのがこのタイプ。皮下脂肪型肥満です。いわゆる下半身太りと言われるもので、体型的な特徴から、洋ナシ型肥満とも呼ばれています。

このタイプの肥満は、一般的には女性に多いのも特徴の一つです。

女性の場合、妊娠・出産に備えるために、元々皮下脂肪がつきやすい体になっているのです。この皮下脂肪、一度ついてしまうとなかなか落とせないというのが特徴的。下半身だけなかなか痩せないというのは、根拠のある話しだったのですね。

(内臓脂肪型肥満)

一方、内蔵型肥満ですが、お腹の中に過剰に脂肪が蓄積されるのがこのタイプ。いわゆるメタボ型。

腰まわりを中心に太くなりますので、その体型の特徴から、リンゴ型肥満とも呼ばれ、男性に多く見られるのが特徴です。

内臓付近は体の中でも血行が良く代謝が活発なために、体内で脂肪が過多の状態になると、この部分から蓄積が始まります。蓄積されるのが早い分、溜まった脂肪が分解されやすいのもこの部分です。

皮下脂肪に比べて、脂肪が落としやすいのが内臓脂肪の特徴の一つでもあります。

ただし、この内臓脂肪型肥満は、生活習慣病を招きやすいといった怖さもあり、肥満の中では悪性に分類されます。このことから、メタボリックシンドロームの診断には、内臓脂肪がどの程度蓄積されているかの判定を行います。

WHOの定める肥満度の指数(BMI)での指数では肥満に分類されない場合でも、内臓脂肪が蓄積し、肥満となる場合があります。これが俗にいう「隠れ肥満」なのです。

※※※ はい、ズバリこれ私です(-_-メ) ※※※

脂肪の減らし方

(皮下脂肪)

皮下脂肪は分解されにくいといった性質ですので、なかなか成果が表れにくいのです。まずは、基本中の基本である、食生活の見直しと適度な運動を取り入れましょう。

次にマッサージ。皮下脂肪は、皮膚のすぐ下の、直接刺激を与えやすい場所に存在しているので、マッサージなどが案外効果的なのです。エステなどで行うマッサージがこれにあたります。

運動前のマッサージ+有酸素運動+無酸素運動で効果的にダイエットをしましょう。

(内蔵脂肪の減らし方)

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落としやすいのが特徴です。こちらも、食生活の見直しと適度な運動を取り入れます。

有酸素運動には、体脂肪などをエネルギーとして燃焼させる効果がありますので、積極的に取り入れましょう。また、無酸素運動により、筋力アップを図り、基礎代謝を向上させて、さらなる燃焼の向上に努めましょう。

効果的で取り入れやすい有酸素運動には、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・室内ならはステッパー運動や踏み台昇降運動などがあります。

また、無酸素運動なら、ダンベル運動・スクワット・腹筋などがそれに該当します。ダンベルの代わりに、ペットボトルを代用するなど、それなりの重みがあるもので行えば効果は期待できます。

いずれも一朝一夕にとはいきませんが、続ける事で効果が得られます。

まとめ

何となく始めて、なんとなく効果がわからずに、気づいたら止めてた。これが私のダイエットのパターン。これは、きっとメカニズムを知らずに始めてしまった事が原因でしょう。

キチンと勉強して、知識を得てから始めれば違う結果が得られるのだと思います。「知識は力なり」byフランシス・ベーコン・・・なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です